2007年03月31日

野菜、そしてお魚

私の住んでいた土地は温泉がとても有名な場所いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)

さば・あじ・車えび・鯛・まぐろ・伊勢えび・イカなど海の幸も豊富猫

お魚の買い方といえば、
「私、美味しそうでしょ!私がいいわよ!!」って
お魚のほうから訴えてくるから、
一匹まるごとの姿で選んでおうちに帰ってさばくぴかぴか(新しい)か、
もしくは、その場でお魚の下処理をしてもらうわーい(嬉しい顔)か、
はたまた、
釣りが趣味の人が「釣れたから」と持ってきてくれるかひらめき
(本当の意味での天然鯛など当たり前)

見たことがないお魚でも、お店の人に
これ、どうやって食べたら美味しいexclamation&question」と聞いて、
新しいお魚料理を覚えたり、お魚の旬を知ったり目耳

「じゃ、よくわからないから、
おすすめの調理法に合わせて、このお魚捌いていただけますか?」
なんてことはよくあることるんるん

お魚売り場の人も、顔を覚えてくれていて「はいは〜い」って感じ手(チョキ)

お魚売り場の人が変わると仕入れる魚の種類が変わり、
「う〜ん・・・今度の人とはちょっと好みが違うなあ」なんて感じて、
また別の鮮魚店にお買い物に行ったりあせあせ(飛び散る汗)

こんな感じの食材入手生活でした。


それがそれが、

都会の鮮魚コーナーにはあまり担当の人がいない爆弾爆弾

いるのはいるけど、
声のかけづらい、裏のほうにいて、
お魚の話なんてあまり聞けない・・・

だいたい、
誰も何も聞かずにパック入りの切り身をカゴに入れていくexclamation×2

そのお魚がどんな目目の状態で捌かれたとか、
気にならないのかな??
不思議で仕方ないし、気持ち悪かった


しかも、お魚はやはり水揚げされる漁港ごとに種類が違うから、
九州育ちの私にはなじみのない魚が多かったりして(例:つばす)、
調理法を知りたいexclamation


こういう感じで、お魚⇔お野菜コーナーをウロウロする私でした

タグ:野菜
posted by お野菜宅配生活人 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37229970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。